長期優良住宅
Long-term excellent housing

  • HOME
  • 長期優良住宅

『長期優良住宅』とは
長期優良住宅とは、いわゆる「安心して長く暮らせる住宅」のことです。

長期優良住宅とは、いわゆる「安心して長く暮らせる住宅」のことです。
将来起こるかもしれない地震や家の劣化への対策をしっかりしている、省エネルギー性などに優れている住宅のことで、申請を行うことで長期優良住宅として認定されます。
この長期優良住宅認定制度は一戸建て住宅・共同住宅のどちらでも利用できます。
また、長期優良住宅として認定を受けると、さまざまなメリットが受けられます。


長期優良住宅の認定条件

長期優良住宅として認定されるためには、いくつかの認定条件があります。
一般住宅と共同住宅では、認定条件がわずかに異なります。

劣化対策

  • 骨組み部分が、少なくとも100年程度継続して使用できること
  • 木造の場合、床下および小屋裏に点検口を設け、床下空間にメンテナンスを行える だけの有効な高さを確保すること

耐震性

  • 震度6以上の地震が発生した場合でも住人の安全確保ができること
  • 地震の被害を受けた場合でも改修して住み続けられるように、損傷を抑えられる建物であること

省エネルギー性

  • 省エネルギーに配慮された住まいであること
  • 気密性・断熱性を高め冷暖房費用を抑えることで環境に配慮すること

管理や維持がしやすいかどうか

  • 簡単にメンテナンスできるように配慮されていること。(床や壁などを壊さずに配管の点検交換が行えるなど)

可変性共同住宅等

  • ライフスタイルの変化などに応じて間取りの変更が可能な造りであること

バリアフリー性共同住宅等

  • 将来的にバリアフリー改修に対応できるように、共用の廊下などに十分なスペース が確保されていること
  • 段差がないこと。

居住環境

  • これから建てる住宅がその地域の景観などに調和していること

住戸面積

  • 快適な住まいを確保するための広さがあること
  • 一戸建ての住宅の場合は延床面積75㎡、共同住宅などの場合は55㎡以上が基準 (ただし、所管行政庁が別に面積要件を定めている場合は、そちらに従う)

維持保全計画

  • 将来を見据え点検や補修などに関する計画が立てられていること

長期優良住宅の利点と欠点
世代を超えて住み継ぐことができる長期優良住宅を検討している方は、是非お問い合わせください。

Merit

住宅ローンの金利引き下げ 長期優良住宅を購入する場合、一般住宅よりも住宅ローンの金利が優遇されます。
税の特例措置 所得税の住宅ローン控除
長期優良住宅の場合…年間最大50万円へ控除額拡大
一般住宅の場合…年間最大40万円の控除
不動産取得税の控除拡大
長期優良住宅の場合…1300万円へ控除額拡大
一般住宅の場合…通常1200万円の控除
登録免許税の引き下げ
長期優良住宅の場合…不動産価格の0.1%
一般住宅の場合…不動産価格の0.15%
固定資産税を一般住宅の2分の1に減額(5年間/一戸建ての場合)
地震保険料の割引
※重複割引不可
耐震等級割引
耐震等級3の場合…50%割引
耐震等級2の場合…30%割引
免震建築物割引
耐震等級3の場合…50%の割引が適用
補助金の交付 省エネルギー性能や耐久性能などに優れた木造住宅を新築する場合などに、補助金が交付されます。(地域型住宅グリーン化事業(長寿命型))
資産価値が明確になる 長期優良住宅と認定されることで、価値のある家であることが明確に。将来、住宅売却を考えた際にもスムーズに話を進められる可能性が高くなります。

※ただし、入居する時期によって内容が変わってくる可能性もあります

Demerit

建築費用が高くなる 材質や工程が多くなるため
各種申請に費用がかかる 長期優良住宅の認定を受けるための申請手数料や、評価を行う機関への事前申請費用などがかかります。
メンテナンスに手間がかかる 長期優良住宅は、10年以内の間隔で定期的な点検を行います。
補修や改良などを行った場合、情報として残しておく義務があります。

安心して長く快適に住める家である、ということが認定される長期優良住宅。

長期優良住宅にはいくつかデメリットといえる点もあるものの、 長期的に安全に暮らせる家を保てるとともに、家の価値を維持していく、ということにも繋がります。
そのため、上記のデメリットについては、必ずしもマイナス面であるとは思いません。
安心して長く快適に住める家である、ということが認定される長期優良住宅。
多くのメリットがあり、興味がある方も多いのではないでしょうか。
これまで主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、 世代を超えて住み継ぐことができる長期優良住宅を検討している方は、是非お気軽にお申しつけ下さい。

住宅性能表示制度について詳しくはこちら(PDF) 長期優良住宅認定制度について詳しくはこちら(PDF)

電話をかける メールフォーム